40代・30代のネット婚活を応援。「いいね」でお互いの気持ちを伝える「ゼクシィ縁結び」がおすすめの理由とは?

「婚活がうまくいかないなら、この5つのポイントを抑えて!」

1.なぜ私だけ婚活がうまくいかないの?

 

結婚適齢期になれば、目の前に
結婚相手が現れてくれると思って
いた時期は過ぎ、

 

婚活してもなぜか自分だけうまくいかない!

 

と嘆いているあなた。

 

結婚はしたいけど、これから一生を
共にする相手を見つけるのって、
「一世一代の決断」ですよね。

 

婚活がうまくいかないのは、決して
あなたが悪いわけではありません。

 

ただ、結婚に対する考え方や身構え
すぎている心を少しだけ変えて視野
を広げてみると、

 

婚活がうまくいくことがあります。

 

もう一度初心に戻って、あなたの
婚活を見直してみましょう。

 

2.婚活がうまくいかないなら、抑えておくべき5つのポイント

 

 ①自分が婚活中ということを宣言する

  まず、周りに自分が婚活中ということを宣言してみましょう。すると周辺からの手助けを期待でき、独身男性を紹介してもらえることもあります。また、自分の中でも「結婚したい」と再認識でき、婚活がうまくいかなくて下がっていたモチベーションをもう一度上げることができるでしょう。

 

 ②結婚したい相手の条件を具体的に出してみる

  あなたはどんな人と結婚したいですか?「優しい人」「経済的に安定している人」「一緒にいて楽しい人」と何となく条件は出せると思います。しかし、そこからもう一歩踏み込んで、結婚したい相手がどんな人か考えてみてください。
  例えば「優しい人」といっても色々な優しさがあります。先回りして何でもしてくれる優しさ、頼りたい時に包み込んでくれる優しさ。あなたが求めているのは、どんな「優しさ」ですか?こんな感じに自分が結婚相手に求めている条件を、もっと具体的に絞って出してみましょう。そうすることで、ぼんやりしていた結婚観がはっきり見えてくることがあります。

 

 ③結婚後、どんな生活を送りたいか考えてみる

  結婚したらどんな生活を送りたいか考えてみましょう。このまま仕事を続けて行きたい、子どもが欲しい、仕事と家庭の両立は無理だから家庭に入りたいなど。婚活中に出会った男性にビジョンを話すことで、自分に合った相手を探すことができるでしょう。結婚で自分の生活を犠牲にすることがないと思うと、結婚に対して肩の力を抜いて向き合うことができます。

 

 ④身近にいる男性にもう一度目を向けてみる

  周りに結婚相手がいないと嘆く前に、もう一度身近な男性に目を向けてみてください。身近にいる男性というのは価値観や生活が似ている人が多いはずです。何となく知り合いだけという男性から結婚相手に発展する可能性もあるので、機会を見つけて積極的に話してみましょう。結婚相手は出会った瞬間にビビッと来る人ばかりではありません。一緒にいて違和感なく過ごせる人と何となく結婚していた、という人は既婚者の中に結構います。

 

 ⑤男性を紹介してもらう時は一対一で会う

  男性を紹介してもらう時一対一で会うのは気まずいので、合コン方式がいいと逃げていませんか?出会える男性の数は年齢が上がるごとに減っていきます。まずは出会った男性と一人ずつ真摯に向き合うことから始めましょう。

 

3.まとめ・総括

 婚活がうまくいかない方へのアドバイスを5つのポイントに分けてみました。「婚活」という言葉ができるほど最近は結婚相手を探す場所が多々あります。結婚相談所に出向くのに抵抗がある方は、まずはネットサイトからでも婚活ができるので利用してみてはいかがでしょうか。結婚後の幸せは、あなたの考え方次第で変えることができます。結婚相手に求めすぎず、素のあなたでいられる相手が見つかるといいですね。